カラコンの購入前は眼科に行く?

目力アップのため、おしゃれのためにカラコンを使用する方が女性を中心に増えています。カラコンは、黒目を大きくしてぱっちりとした目元を作り出すのに効果的なアイテムでり、カラーも豊富でおしゃれ度を上げてくれるものとして人気が集まっています。
視力矯正を目的としていないカラコンは、視力矯正用コンタクトと同様に高度管理医療機器として指定されており、医薬品医療機器法の規制対象となっています。つまり、薬事法上の医療機器販売許可を取得した販売店からのみ、カラコンは購入することができるのです。ただし、購入時における処方箋の提出は法律の義務とはなっていません。処方箋無しでもカラコンは購入することは可能となっているということです。
しかし、眼科を受診し、処方箋をもらってからカラコンを購入するというプロセスを経ることがカラコンを使用する上で非常に重要なことなんです。カラコンの誤った使用により瞳に傷が付いたり、炎症が発生したり、あるいは最悪の場合失明する可能性もゼロではありません。特に初めてカラコンを使用するという方は、眼科を受診し、着用における注意点やレンズのケアの方法など、眼障害が起こらないように適切な取り扱い方を学んでおくことが求められるでしょう。
また、度ありのカラコンを購入する場合には、自分の視力に適合した度数のレンズを選ぶためにも眼科で測定してもらうことが必要です。度数があっていないカラコンを使用してしまうと、視力低下を引き起こしてしまいます。
そして、カラコンを選ぶ際に重要なポイントとしてベースカーブという数値があります。これはカラコンの湾曲具合を表す数値ですが、眼科において測定してもらうことで初めて分かるものです。自分の瞳に合った湾曲がついているカラコンを正しく選ぶためにも、眼科を訪問して測ってもらうことが大切になります。
このように、カラコンを使用する前にはしっかりと眼科を受診し、眼障害が起きないように注意を向けておくことが必要になります。そして、カラコンを使用していく中で、何かしらの違和感を目に感じたときには、すぐにカラコンを着用を止め、眼科医による診察を受けましょう。
ネット通販が隆盛を迎えている現代において、カラコンは簡単に手軽に入手しやすくなっているアイテムです。しかし、おしゃれ目的が優先されることでカラコンの使用による眼障害のリスクに関してはあまり注意がなされていません。自分の目をしっかりと守るためにも、購入前には眼科を受診し、定期的な診察も欠かさないようにしましょう。

カーフィルム